業務案内

  • ホームページ制作
  • CI・VI・BI
  • 印刷物制作

CI・VI・BI

そのイメージは本質を表現できていますか?
企業のイメージは、大切な資産です。
ロゴマークや商品名、キャラクターは、
受け取ってもらいたい相手に、伝えたいメッセージが伝わるデザインですか?
まずは、誰に、どんなイメージを伝えるか・・・。
そこから一緒に考えましょう。

CI〈Corporate Identity〉コーポレート-アイデンティティとは

企業の特徴等を、共通したイメージ(社名、ブランド名称、ロゴ、コーポレートカラー、スローガン、コンセプトメッセージなど)で顧客が認識出来るように働きかけること。統一使用されることで、自社のイメージを形成してゆくことが出来る。

VI〈Visual Identity〉ビジュアル・アイデンティティとは

CIを構成する要素で、ロゴマークやシンボルマークなどの図案のこと。
企業が伝いたいイメージを効果的に表現することが重要なため、CIの中でも中心的役割を担う。

BI〈Brand Identity〉ブランド・アイデンティティとは

ブランドの特徴や個性を提示し、共通したイメージ(ブランド名称、ロゴ、カラー、メッセージ)で顧客が認識できるように働きかけること。
CIが企業の全体のイメージに対し、BIはブランドに特化したものを指す。

VI 制作フロー

お客様ヒアリング

ご要望、目的、狙い等をヒアリング
要件の整理、課題やインサイトを探します。
必要に応じ、社内外アンケート、リサーチを実施します。

VI 制作フロー図

VI 制作フロー図

ヒアリング後、要件定義
カラー・デザイン・スタイル等のコンセプトを構築

VI 制作フロー図

初校のデザイン案・コンセプトのご提案
デザイン案(2〜5案)

ラフデザインの作成(10〜20案)
ディレクター及びプロデューサーによりデザインの精査

VI 制作フロー図